2004.04.29

オブジェクト指向の次に来るもの

Psychs氏のソフトウェアの抽象性と具体性に対するトラックバック
SI業界の業務アプリケーション開発には、オブジェクト指向の唱える抽象化はあまり役にたたないという話。

オブジェクト指向のみでソフトウェア開発が幸せになれるわけではないことは、MSもちゃんとわかっている事だと思う。.NETの仕様に、構造化手法やデータ指向の要素も取り入れられている事から、「オブジェクト指向"も"使うと良いね」という設計思想が読み取れるからだ。オブジェクト指向以外は認めない、というJavaとは対照的なアプローチと言える。

やはり、ソフトウェア開発に「銀の弾」が存在しない以上、何かしら一つのアプローチだけで生産性、再利用性、品質の向上を実現することは、今後も考えにくいだろう。従って、複数のアプローチを状況に合わせて組み合わせる、というやり方で凌いでいくしかない。

例えば、部品としての再利用を本気で考えるのであれば、アスペクト指向がいいかもしれないし、適度な抽象度を保ったライブラリが欲しいのであれば、Genericsが良いかもしれない。サービス指向は、汎用性が保てる臨界値レベルの再利用ができる・・・かもしれない。要はオブジェクト指向と直交する概念で、従来の手法の補完が図れるような「次」のパラダイムを見据えて行くしかない気がする。

今のソフトウェア産業は、家内制手工業時代の綿紡織業と同レベルの、労働集約型産業であり、従来の経験則と、そこから導出された数少ない方法論の中から、「手探り」で有効と思われるアプローチを選んでいくしかない状態ですから。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.04.15

Googleに見るインターネットのあちら側の結末

Googleの独自技術はどこまで汎用的で競争力があるのかに対するトラックバック。

Googleが持つ競争力について鋭くまとめておられる。いつもながら梅田さんのBlogの記事は考えさせられることが多い。ただ、最近の「Googleが次世代のコンピューターメーカーの姿」という流れについては、あまり同意できない点が多々ある。今日はそのことについてまとめてみる。

まず、梅田さんのBlogでGoogleの競争力として挙げられていた点について引用する。

(1) 10万台のコンピュータを並べて出来上がったGooOSで動くスーパーコンピュータと、 (2) それを作り上げたPh.D連中の才能と、 (3) そのコンピュータの中にどんどん溜まっていくデータ、の3つだと規定している。
上記の3点について、それぞれ意見を述べていこうと思う。

まず(1)だが、GFSや独自の高速検索技術などを搭載して、クラスタリング用途にカスタマイズされたLinuxベースのGoogleOSに注目されているようだ。高度なサービスの裏で動作する、このブラックボックス化された独自技術が競争力の源泉だ、という論理はうなずける部分もある。しかし、検索エンジンとしての機能に限定して考えるならば、他社でも同様のサービスは比較的容易に提供できると思う。YahooがGoogle検索エンジンを使わなくなったことは記憶に新しいが、これは代替技術をすぐに入手できることの裏返しだ。理由は明白で、差異化がソフトウェアレイヤーのみに留まっており、ハードウェアは汎用PCを使っているに過ぎないということに尽きるだろう。使える素材が同じPCとLinuxで、勝負のポイントはカスタマイズOS+ミドルウェアだけ、というのでは他社でもすぐに追いつけることは容易に想像できる。RAIDを使わない独自のファイルシステムやユニークな検索技術などに対して、純粋な技術的興味は湧くものの、残念ながらそれだけでは圧倒的な競争力を持つには至らない、というのが私の見解だ。

実際のところ、検索技術に特化したベンチャーはたくさん台頭してきており、これからもその傾向は続くだろう。(『Google』はもう古い? 技術革新にしのぎを削る検索各社) (Amazon、検索サービス提供で「技術サービス企業」目指す

特にGmailサービスについては、個人的にはGoogle没落の兆しなのではないかと見ている。1GBというメール容量がサービスのアピールポイントになってしまっており、どちらかというとメールの中身を検索して広告をだされてしまうというネガティブな要素に人々の関心が移ってしまっている。概して、容量など数値で勝負しようとすると、サービス競争は泥沼に陥る。早速、類似サービスも始まっているようだ。「こっちは広告がでない。」なんてことがセールストークに含まれる始末である。

Gmailサービスの成功の可否について本質的な話をすると、インターネットの"あちら側"にメールデータをもっていかなくても、ユーザーはWindowsClientとメーラー(Outlookは嫌ですが^^;)で十分満足している、という現状にまず注目したい。GoogleがWindowsを競争相手に見立てて、今までインタネットの"こちら側"にあったデータを"あちら側"に持っていこうとする戦略自体は理解できる方向性だ。しかし、プライベートな内容を沢山含んだデータを"あちら側"に預ける事に伴うリスクまで考えれば、現状で十分満足できていると思われるメール管理分野に提供されるGmailサービスは、持続イノベーションにすら該当しないのではないだろうか。さすがにプライバシーの侵害とみなして、過剰反応を示す動きには閉口させられるが、Gmailサービスがこの先難しい舵取りを迫られることだけは確かなようだ。

さて、(2)の優秀なPh.Dについてだが、大手ベンダーにはもっとたくさんの優秀な博士が腐るほどいるはずである。スタッフの優秀さのみで勝負がきまるのであれば大手が必ず勝つはずだ。国内を例にとっても、確か日立が一番博士を多く擁しているが、必ずしも家電メーカの中でトップにはなっていない。勝敗を決するのは「イノベーションの解」であった通り、これまでに無かった市場で「人々の済ますべき仕事」に、いかに効率良く応えるかで決まるはずだ。Googleは、検索サイトという新しい市場において、膨大な情報から欲しいデータを取得する優れた手段を人々に提供した。だから現在の地位があるのだと思う。勿論スタッフが優秀であるに越したことはないが。

次に、(3)のGoogleが保持するデータ(大量のWebキャッシュや整理されたMAP)だが、これもWeb全体からみれば、まだまだ十分な量とは言うことはできないようだ。さきほどの『Google』はもう古い? 技術革新にしのぎを削る検索各社から引用すると、

Googleがすべてを網羅していると考えるのは間違いだと、専門家たちは言う。今日の検索エンジンは、ウェブ全体のわずか1%ほどしかカバーしていないおそれがあり、その大きな原因は、オンラインリソースを見つけ出し検索結果に反映させる方法が不十分なことにあるというのだ。  「非常に物足りない」とヘザリントンさんは言う。「図書館へ行って、棚から本を1冊しか取らないようなものだ」

という指摘もある。検索分野の競争はこれからが本番だといえるだろう。しかし、Googleが先行して、今有利な立場にあることは事実だ。では、インターネットはこれからも"あちら側"での勝負が焦点になるのであろうか。私はそうは思わない。理由は以前の投稿「これから10年間のソフトウェア産業の行方」「MicrosoftはIOS(InternetOperatingSystem)も支配する」からどうぞ。

Google批判だけで話が終わっても建設的ではないので、これからの展望も書いておく。インターネットの"あちら側"において、Googleの一点集中型の情報発電的なアプローチに一定の成果があったことは評価できる。しかし、やはり本命はP2Pによる分散アーキテクチャだと個人的には考えている。PCの誕生以来、抽象化の道を突き進み、何層もレイヤーを積み上げてきた結果、勝者はIntelとMicrosoftに決まった。これより上のレイヤーでは、もう寡占的な勝者は現れないだろう。一時的に優位な立場になっても、Microsoftの統合対象になるだけである。

上層レイヤーで幾ら頑張っても勝機がない以上、Wintel支配体制をひっくり返すには、より下層のレイヤーつまりハードウェア層からの再構築が必要である。それを今やろうとしているのが、YUBLOGさんが(GoogleとSCEI)の中で言われているとおり、Sony,IBM,Toshiba連合により取り組まれているCellProjectだ。また、カスタムLSIを従来の1/10の期間で生産するという半導体製造分野の破壊的イノベーションも着々と準備が進んでいるようだ。このプロジェクトを率いておられる東北大の大見教授の講演は、ぜひ一度見ておくことをお勧めしたい。(2003年度「POFコンソーシアム公開講演会」

製品やサービスにおける競争の勝負の分かれ目が、ブラックボックス化された特定の要素にあることは間違いない。ただし、これからの数年間は、ソフトウェアよりはハードウェア分野で革新がたくさん起こり、それに伴ってハードウェアにおいていかに差異化を図るかで勝敗が決まるようになるだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.03.02

MSOffice差異化の道具としてのWebサービス

米Microsoft,ExcelとFrontPageにeBayと連携するWebサービス機能を提供
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20040302/140759/

MSのWebサービスで提供される機能をWindows/Officeに統合する動きは着々と進んでいるようで、今回はeBayが「取り込み対象」になったようです。
ここであえて「取り込み対象」と表現したのは、FrontPageの吐き出すHTML(CSS+JScript)がIE依存になりますし、ExcelがWin専用である以上、利用者のプラットホームを固定する囲い込みに他ならないからです。つまりユーザーがeBayのサービスを利用するにはIEやExcelを用意する必要があり、その結果Windowsを購入するしか道がなくなるわけです。

HTMLベースインターフェースの非力さはユーザーのリッチクライアント指向の原動力となっており、ブラウザにプラグインを追加する形で実現されるFlashやCurlなどに注目が集まっています。しかしMSは、ブラウザそのものを捨ててWindows及びOfficeをWebクライアントにするという構想を着実に進行させています。オフィスやホームなどでWindows/Officeの操作に十分習熟したユーザーが増えている以上、この野望の達成確率は極めて高いと言えるでしょう。代替候補として期待されているOpenOfficeの順調な成長に伴い、マルチプラットホーム上でのMSOffice相互運用が現実味を帯びてきたのですが、MSはWebサービスを絡めた差異化をしっかりと行っているのです。(Office形式のXMLのパテント申請のニュースもありましたね)

AmazonやGoogleなどいわゆるネット専業型企業の強みは、Webサービスインターフェースの内側で保持する「すぐには集められない大量のデータとその加工」(ユーザー嗜好に応じた本の情報やランク付け検索インデックス)にあり、逆を言えばそれだけが優位性を保つためのアセットです。そのアセットを部分的とは言えWebサービスで公開されているわけですから、Webサービスクライアントを書ける人たちからすれば喜ばしいことです。しかし、サービス提供者は自らのアセットを切り売りしていることにもなるわけですから、そのサービスの使われ方を常に把握していかないと、いつの間にか「庇(ひさし)を貸して母屋(おもや)を取られる」という事態に発展する危険性があると思います。

それを狙うあからさまな動きがあるわけですから。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.02.18

MicrosoftはIOS(InternetOperatingSystem)も支配する

Psychs氏の唱える"MSにとってのみWebサービスが持続的イノベーション"という主張については、OS自体の歴史とその変遷をみると説明できそうである。今回は未来のOSとWebサービスを一つの切り口から考察してみようと思う。

OSの未来像については、梅田氏の記事で紹介されていた、Tim O'Reillyの「InternetOperatingSystem(IOS)」がもっとも現実味のある構想だろう。

彼の主張によれば、次のパラダイムは疎結合されたサービスによって構成される集合体で、IOSが従来のOSに置き換わるという。つまりインターネットそのものがOSになるというコンセプトである。しかし、IOSには決定的に欠けているモノがある。それは、Tim O'Reillyの唱えるIOSが、従来のOSでいうカーネルやその上に乗っかるデーモンのような存在になったとして、それらのサービスを使うためのGUIに相当するモノだ。つまりIOSには、ユーザーインターフェースについて何の定義もないのである。

勿論、Webサービスによって疎結合が実現されるため、ユーザーインターフェースには様々な可能性があるだろう。しかし、IOSを構成するピースとして例に挙げられているGoogle,Amazon,Yahooのサービスを使うために、大多数のユーザーが"今"何を使っているを見れば、UI提示の役割を果たすモノが見えてきそうである。

答えは明快、Microsoft Windowsである。

ここで、OSの歴史を少し思い返してみよう。Unixは「分割し統治する」ことをポリシーにして、カーネルとその他の周辺モジュールを細かく切り刻み、モジュール化することを最優先にしてきた。そしてカーネルとインターフェース(Shell,GUI)は完全に分離された。一方、Microsoftは逆の道を進んだ。つまりカーネルとシェルを統合し、GUIも密結合する設計にしたのだ。Windowsは統合によって発展してきたとも言えよう。

ここで、元々単独で存在していたアプリケーションを挙げてみよう。日本語入力機能、ワードプロセッサ、表計算ソフト、ブラウザ、メーラ・・・。今、これらのアプリはどうなっているだろうか。IME,Word,Excel,IE,Outlook...だ。みなWindows及びMSの商品に統合されているのだ。さらに、次期Windowsでは仮想マシン(.NET)とデータベース(WinFS)とWebサービス(Indigo)とFlashPlayer(Avalon)とRSSアグリゲータまで(!)統合する模様である。ブラウザのOS統合の際には司法が牽制にはいったが、MSは見事に切り抜けた。OfficeとWindowsが分社化されるだけでも相当変わってきたはずなのだが・・・。

話を戻そう。Tim O'ReillyのIOSは美しく、そして理想的な世界だ。疎結合されたサービスによる協調動作というのは、Unixの古典的な哲学に通じるところがある。しかしこうした夢はこれまで数え切れないほど唱えられてきて、その成果はMSに搾取されてきた。これがコンピュータ業界のここ10年の歴史だ。

例えば、SUNは90年代前半から「The Network is Computer」というスローガンを掲げてUnixやJavaを開発してきた。昨今のインターネットの発展により、スタンドアロンのコンピューターの存在が逆に珍しくなったことを考えれば、このコンセプトに大きな間違いはなかったと言えよう。しかし、何故いまUnixは危機的状況に陥っているのか。それは、SUNの構想においても、やはりユーザーインターフェースがしっかり定義されておらず、MSのOS統合戦略に飲み込まれてしまったからである。

少し見方を変えれば、MSはOSに統合するものが欲しくなった時にユーザー/開発者にある特定の技術を提供してきたと捉えることもできるだろう。そして十分に実ったところであらゆる手段を用いて収穫を奪取し、Windowsに取り込んできたのだ。つまり、Psychs氏の言う"MSにとってのみWebサービスは持続的イノベーション"というのは、要素技術をOSに統合してきたこれまでの流れの一貫と考えることもできるのだ。

ここで、次のような反論があるかもしれない。「WebサービスはUIと機能を完全に分離する。クライアントがWindowsである必要がなくなるはずだ(!)」。しかし、MSにとって相互接続性が確立される技術は、OS統合の際に用いる素材に過ぎないのだ。そして統合に際しては、巧妙な仕掛けを組み込んで「密結合」を実現させてしまう。(ここで言う「密結合」とはWindows依存にすることと等価である。)

近年でもっともわかりやすい例はHTMLだろう。Webページを記述する言語はW3Cで厳密に定義されており、クライアントフリーなWebシステムが多数生まれるはずであった。しかし、現実はIE限定のJScriptとCSSで彩られたWindows用Webページの氾濫なのだ。(Mozillaは頑張ってますね。) ただ、今のところWebサービスについては、「密結合」するに値する対象がまだ見つかっていないので、美味しそうな実を探してる段階なのだと思う。ただし、Googleがすでに収穫対象になっていることは間違いないだろう。

さらに、これまでWindowsに取り込まれてきた対象の粒度もだんだん大きくなっていることに注目したい。最初は単一の機能をパッケージした関数であり、関数とデータをまとめたオブジェクトとなり、分散オブジェクトに変遷してきた。次の粒度はWebサービスで実装された「サービス」なのだ。

結論として言いたいのは、IT業界のソフトウェアがひたすら抽象度を上げる方向に発展し続ける限り、Wintel帝国の支配には何の影響も及ぼさないということだ。Tim O'Reillyは、Intelは安泰だと言っているが、MSも全くもって安泰である。OSがWindowsであったように、IOSもまたWindowsなのだ。

こんな悲観的なシナリオは、書いている私自身も全くもって面白くない。しかし、SI業界から転職したのも、ここにいてはWintelには絶対勝てない、という未来を感じ取ったことが一因なのだ。

しかし、別の業界でWintel帝国に対する真の破壊的イノベーションが着々と準備されている。
そのことについて近いうちに書いてみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.01.30

Webサービスの将来展望

「江島さんのWebサービスとSOAに関する議論」に対するトラックバック
http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/000976.html

本当はPsychs氏の内容を踏まえてコメントをつけたかったのですが、すでにたくさんコメントがあり、文章自体も長くなってしまったのでトラックバックしました。以下はコメントとして読んでください・・・。

-------------
恐らくSI企業はSOAの部分的な成功で満足すると思います。彼らはWebサービスをEAIの持続イノベーションとして捉えて、異なる部署間のマスタデータ統合やシンプルな機能の統合などあくまで企業内のシステム間連携を低コストで実現できた時点で"成功"と判断するでしょう。

MSはクライアントOSで成長した企業ですから、やはりクライアント重視のアプローチに基づき、PC同士のP2P的なコラボレーションが図れる機能(WinFS,Indigoなど)を次期Windowsに搭載して、Webサービスを巧妙に隠蔽化しつつ上手な活用をすると思います。

しかし、IEがなければWebサイトをまともに見れない現状からもわかるように、WebサービスもWindows依存の実装をすることは間違いないので、「標準化されたボルトやナット」というその本質から外れた適用になりそうです。

一方IBMがWebSphereの中核技術を担うものとして期待するGlobusProjectはMSに比べればオープン指向ですし野心的な取り組みとして一定の評価ができると思います。

しかしその将来には少々危惧しております。

なぜなら元々学術的な用途を目的としてスタートしたものに、オンデマンド構想実現のため、無理にWebサービスを取り込んだ印象を受けるからです。加えて、IBMのトップが抱くビジネスプロセスの疎結合という幻想に起因するSOAのエージェント指向的なアプローチの実現まで期待されてしまっており、GlobusProjectにはこれから苦しい前途が待ち受けているのではないかなと思います。

個人的には従来のMS vs IBMの戦いとそれに依存するSI企業というわかりやすい構図を塗り替えてしまうような現象がどこかから起きることを期待しています。その意味では江島さんが取り上げられていたRSSの意外な普及は面白い動きですし、自分でもその応用方法を考える日々です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Book | Camera | Contents | Electronics | Embedded | Mobile | MyBlog | Private(OFF) | PS3 | SystemIntegration