« November 2010 | Main | May 2011 »

2011.02.24

3DSが売れるかどうか考えてみる

3DSの売れ行きが見通しにくい理由がまとめられていた。

任天堂、入念なリスク対策で臨む「3DS」発売日

(1)希望小売価格が2万5000円と同社のゲーム機としては高額
(2)過去のデータでは目玉機能の3D(立体視)映像にどれだけニーズがあるか予測しにくい
(3)3D映像はテレビCMなどで表現できずメディアで訴求しにくい
(4)「すれちがい通信」といったソーシャル機能を強化しているが、浸透には時間がかかる

上記に加えて体調への影響懸念があるという指摘だが、別の軸から理由を加えてみる。

それは、「従来機種で別に困らないかも」、という点だ。

GBAからDSの移行では、二画面、タッチパネルなど明らかな非連続な進化があった。しかし3DSは少々乱暴に言ってしまえば、3DボリュームをゼロにすればDSになる。

DS + DS Lite + DSi 合計で国内3200万台以上、全世界で1億台強出荷してしまった以上、マリオ、ポケモン、動物の森、脳トレ、ドラクエあたりのプラチナタイトルの次回作を3DS専用にすることはおそらく不可能だと推測する。

そうなると3DSローンチ後、年末に向けた大物タイトル情報が揃うにつれて、従来のDSファミリーでも遊べる(しのげる)という状況が徐々にみえてくるのではないか。

普通の経営者なら派生タイトルでお茶を濁すなど、中途半端な折衷案を繰り出して却って首を締めることになりそうだ。しかし、ここ数年奇跡を起こしてきた任天堂経営陣のことだから、もしかしたら前述のタイトルのうちどれかは3DS専用にするという英断を下し、ブーストをかけてくる可能性もある。プラチナタイトルの目先の売上を落としてでも3DSローンチ&従来DSから強制移行を図る気構えがあるかどうか、ここに3DSの命運が掛かってくるのではないか。

新機種ローンチ時に、専用タイトルとして常連だったマリオがない、名称がDSの地続きっぽい、というところから、なんとなく互換路線に流れる気がしているのだが、そこは今後を見守りたい。

| | Comments (0)

« November 2010 | Main | May 2011 »