« May 2010 | Main | July 2010 »

2010.06.17

Androidの音声認識にちょっと驚いた件について

これまでいろいろとAndroidについて言ってきたが、
Froyo(Android2.2)の進化はなかなか地味に良かった。

Froyoというと、フルFlash対応をして本体が爆熱を発しながら、かろうじて
ニコニコ動画がみれたりというところが注目されがちなのだが、
個人的にまずヒットしたのは着実なWebkitのアップデートだった。
#Snapdragonの次世代に行かないとFlashはダメですね...

たとえば、input type属性searchの対応。2.1まではsearch属性のinputを
含んだページ自体を表示してくれなかったのだが
(訂正:localstorageに
対応していないことが原因でした)、2.2ではあっさりと表示、
しかもちゃんとソフトウェアキーボードの決定が検索ボタンに変わっている。

CSS transitionの対応種類も着実に増えていて、Slideのみでなく、SlideUpや
Cube系の動作もアニメーションはしてくれないものの、一応ページ遷移は
してくれるようになった。ちなみ2.1ではSlideUp表示後は無反応になり、
Cubeは使ったとたんブラウザごと落ちていた。

そしてV8エンジン搭載による速度向上。このレスポンスはiPhone3GSは
超えているかも。スクロールの滑らかさなどはiPhoneに軍配が上がるのだが、
きびきび感がぐっと増した。

あとこれは2.1から載っている機能だが、音声入力の認識率がすばらしかった。
日本語の漢字やカタカナなどもほぼ意図したものに変換してくれる
これはソーシャルIMEや検索キーワードの蓄積のなせる技か、、、
もう実用レベルに達していると思う。

音声入力と言っても、ネイティブアプリだけの話かと思いノーチェックだったのだが、
ソフトウェアキーボードからWebフォームのテキスト入力に使えるので、
既存のWebアプリでもなかなか新しい体験をさせてくれたところに
ちょっと驚いたというお話でした。

ということで、Xperiaの2.2対応を切に願います。
参考)XperiaとFroyoの遠い関係・・・雑感

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.13

これからiPhone/iPadアプリ開発を始める人必見のPodCastビデオ

Autorelease_3

これからiPhoneネイティブアプリケーションをつくる!という人が周りにいたので、ぜひ観ておくべきムービーをご紹介しておこうと思い立った。

何かしらの導入本を読んだあと、実際にコードを書いていて扱いに悩むのが、@propertyや@synthesize、 retainの使いどころ、そしてautoreleaseの挙動周りだろう。こればかりは、C/C++とJavaの両方を知っていてもなかなか理解しにくいObjectiveC独特の仕様だと思う。

しかし、ガーベジコレクションを備えずに、メモリの少ないiPhoneデバイスでここまでのパフォーマンスを確保しつつ、ある程度のメモリ自動管理的要素を兼ね備えているiOSプラットホームのバランスの良さには、この独特の仕様部分にポイントがあると思っている。

このObjectiveC独特の部分をすっきりと解説してくれるのがスタンフォード大学のiPhoneプログラミング講座のPodCastだ(動画付、無料、英語だけど図がわかりやすいです)。

だいたいすべての回をみることをおすすめするが、個人的に、あ、ObjectiveCってそういうことね、とわかった気になれたのが、第三回の「Custom Classes,Memory Management, and ObjC Properties」だ。

@propertyや@synthesizeを記述した際に、自動生成されるコードの説明、そして、Cのメモリ管理と比較した上で、非常に明快なautoreleaseの動作説明があるので、これだけでも観ておくと後々の開発が楽になると思う。

そんなライトなものより、もっとDeepなObjectiveCの世界を知りたい、というひとはこちらの
詳解ObjectiveC2.0が良いだろう。ただし、この本はMacOSX搭載のObjectiveCが対象なので、iPhoneの枠は外れてしまう。しかし、ObjectiveC処理系のCore内部はグローバルC関数の塊で、実装の美しさよりパフォーマンス優先に振ったアーキテクチャ設計であることが載っていたりして、これまた興味深い。

このままWintel帝国がもう10年続くかと思われていた矢先に、颯爽と復活したiOSプラットホームの歴史を紐解いていけば、非常に興味深いエピソードが多い。ティム・バーナーズ・リーが約20年前に、世界初のWebブラウザとWebサーバを実装したNEXTSTEPの流れを組むiOSが、HTML5の先駆的実装Webkitのホームグラウンドであること等、偶然とは云いきれない宿命のようなものを感じる。2010年6月中に、搭載端末が世界1億台に達する見込みのiOSのアーキテクチャを知っておくことは、仮にiPhoneアプリを作り続けないとしても、今後様々な場面で役立つと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »