« これからiPhone/iPadアプリ開発を始める人必見のPodCastビデオ | Main | ストーリーとしての競争戦略 »

2010.06.17

Androidの音声認識にちょっと驚いた件について

これまでいろいろとAndroidについて言ってきたが、
Froyo(Android2.2)の進化はなかなか地味に良かった。

Froyoというと、フルFlash対応をして本体が爆熱を発しながら、かろうじて
ニコニコ動画がみれたりというところが注目されがちなのだが、
個人的にまずヒットしたのは着実なWebkitのアップデートだった。
#Snapdragonの次世代に行かないとFlashはダメですね...

たとえば、input type属性searchの対応。2.1まではsearch属性のinputを
含んだページ自体を表示してくれなかったのだが
(訂正:localstorageに
対応していないことが原因でした)、2.2ではあっさりと表示、
しかもちゃんとソフトウェアキーボードの決定が検索ボタンに変わっている。

CSS transitionの対応種類も着実に増えていて、Slideのみでなく、SlideUpや
Cube系の動作もアニメーションはしてくれないものの、一応ページ遷移は
してくれるようになった。ちなみ2.1ではSlideUp表示後は無反応になり、
Cubeは使ったとたんブラウザごと落ちていた。

そしてV8エンジン搭載による速度向上。このレスポンスはiPhone3GSは
超えているかも。スクロールの滑らかさなどはiPhoneに軍配が上がるのだが、
きびきび感がぐっと増した。

あとこれは2.1から載っている機能だが、音声入力の認識率がすばらしかった。
日本語の漢字やカタカナなどもほぼ意図したものに変換してくれる
これはソーシャルIMEや検索キーワードの蓄積のなせる技か、、、
もう実用レベルに達していると思う。

音声入力と言っても、ネイティブアプリだけの話かと思いノーチェックだったのだが、
ソフトウェアキーボードからWebフォームのテキスト入力に使えるので、
既存のWebアプリでもなかなか新しい体験をさせてくれたところに
ちょっと驚いたというお話でした。

ということで、Xperiaの2.2対応を切に願います。
参考)XperiaとFroyoの遠い関係・・・雑感

|

« これからiPhone/iPadアプリ開発を始める人必見のPodCastビデオ | Main | ストーリーとしての競争戦略 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288/48649963

Listed below are links to weblogs that reference Androidの音声認識にちょっと驚いた件について:

« これからiPhone/iPadアプリ開発を始める人必見のPodCastビデオ | Main | ストーリーとしての競争戦略 »