« TOEIC Bクラスへの高速道路を走ってみた | Main | Androidはクライアントサイドの技術革新を止める »

2008.12.07

SpursEngine start-upイベントに行ってきた

LEADTEK トランスコーディングカードLEADTEK WinFast PxVC1100 PXVC1100

SpursEngine start-upイベント @ 秋葉原に行ってきた。リンク先の写真だと閑散としていたかのように見えるが、撮影した時間が早かったのだろう。13時くらいに遅れていったのだが、入り口は50名くらいが二重になって並んでいて、入るのに20分くらい待たされてしまったくらいであった。SpursEngine搭載カードの売れ行きも予想外(?)に好調のようである。

東芝さんは、2009年CellTV発売のアナウンスを行ない、自社ノートPC「Qosmio」にSpursEngineを搭載し終え、着実に社内の生き残り策を打ってきている。今月のSpursEngine搭載PCI Expressカード2モデル(Leadtek WinFast PxVc1100, THOMSON Canopus FIRECODER Blu)発売に合わせて、どんな施策を打ってくるか、というあたりに興味を持って行ってきた。

最大のサプライズは、SpursEngineソフトウェアSDKのアナウンス内容だ。MPEG2,AVCのDecoder/EncoderのAPIのみでなく、SPU4基に対して自前プログラムを実行するための開発ツールも提供する、というのだ。残念ながら、SPUのコードからDecoder/Encoderを叩くことは最初のバージョンでは出来ないそうだが、今後対応予定らしい。初回バージョンで提供できない理由は、現行の顔認識やジェスチャ+Decoder/Encoderのソフトの作りが密結合しており、とても汎用コードから呼ぶための切り口の整備ができていない状況だから、とのことであり、ライセンス、技術的な制約ではないらしいのでここは安心してよさそう。

SPUを使ったオープンな開発環境としてPS3Linuxがあったが、XDRAM256MBでXWindowを走らせても重いだけでまずここで萎えてしまった。じゃぁまずはCodecの高速化あたりかな、ということになるが、例えばx264を移植するという試みもやはり開発規模が個人として大きすぎてなかなか難しそうであった。仮にCodecの高速化ができて、SPU処理で高速化する部分を括りだしても、その前後の入出力整備(入力ソース整備、出力ファイル先)の敷居があまりに高く、おまけにGPUとしてのRSXはたたけないという状況で、火のつきようがなかったと言えよう。

しかし、今回の場合はWindowsOS上からPCIExpressカードアクセス、というところからスタートすることができる。動画処理で重くて困っている部分だけを切り出して、それ以外は従来のワークフローをそのまま使うということが可能になるので、ターゲットを絞った効率的な速度向上ネタをたくさん投入することができそうだ。しかもMPEG2からH.264へのトランスコードという国内でニーズの多い(?)ユースケースにおいて、最も重い部分であるDecode/Encodeは理論値であるが実時間の2倍速の性能を狙えるところからスタートできるため、その前後処理でやりたい準ヘビィ級の処理をSPU化するという方向が良さそうに思える。

たとえば、AviUtilという動画編集時に自由にフィルタをかけられる点で定評のあるオープンソースツールがあるが、入力/フィルタ/出力プラグインとしてSpursEngineを組み込むことの敷居は低いだろう。出力プラグインとしてSpursEngineのEncoderを指定するというところから始められるし、その前段で使われるまるも製作所さん謹製「MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In」「Lanczos 3-lobed 拡大縮小」のような定番かつ重めなフィルタの、MMX/SSEアセンブラのSIMD命令実行部分をSPU SIMD命令置き換えてさらに並列化する、というような案配である。

東芝さんがこれまで提案してきたジェスチャ操作や顔認識もまぁおもしろいのだが、やはり現実的に今必要とされているユースケースの高速化から実現されていかないと、なかなか盛り上がっていかないだろう。クラウドが台頭してきた昨今において、個人レベルでコンピューティングパフォーマンスが必要な用途はもはや動画処理だけと言っても過言ではない。クライアントサイドに残された数少ないパフォーマンス競争領域を巡って、IAコアの高速化という従来路線、急進的実験プラットホームLarrabee、GPGPUのさらなる汎用化に走るCUDA、OpenCL等で今後華々しいリリース合戦が予想される中、第三のプロセッサとしてSpursEngineが地位を確立できる可能性のある時間は意外と少ないかもしれない。

LEADTEK トランスコーディングカードLEADTEK WinFast PxVC1100 PXVC1100 FIRECODER Blu(RC)
LEADTEK WinFast PxVC1100   カノープス FIRECODER Blu(RC)


|

« TOEIC Bクラスへの高速道路を走ってみた | Main | Androidはクライアントサイドの技術革新を止める »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288/43340505

Listed below are links to weblogs that reference SpursEngine start-upイベントに行ってきた:

» 東芝のSpursEngineのイベントにたまたま入った。 [ILLdeMizM]
東芝のSpursEngineのイベントにたまたま入った。 昨日。 アキバでの買い物を終え、休憩&トイレの為に カフェ ソラーレ リナックスカフェ秋葉原店に向かった。あれ?外の席が無くない!?と思いつつも、 電気がついてるからやってるだろうと入ろうとしたら、 入り口でなんか..... [Read More]

Tracked on 2008.12.07 at 01:15 PM

« TOEIC Bクラスへの高速道路を走ってみた | Main | Androidはクライアントサイドの技術革新を止める »