« 45nm Core 2 Duo深夜販売に並んでしまった | Main | Blu-ray vs HD-DVD戦争の終わりとネット配信本命説の是非 »

2008.02.02

空冷4Ghz常用(E8400)マシンを組み立てた

発売日当日にせっかく買ったE8400だが、平日はなかなか触ることすら出来ず、
ようやく何度かの週末を経て、PCを組み上げた。

パーツ構成は以下の通り、あまりに定番ばっかりでつまらないかも。

CPU    Core2Duo E8400 3Ghz→4Ghz
CPUFAN  ZALMAN CNPS9700 LED(1100rpm調整)
MEMORY UMAX Pulsar DCDDR2-4GB-800(5-5-5-18)
MOTHER GIGABYTE GA-P35-DS3R REV2.1 BIOS:F11
GPU    EN8600GT SILENT/HTDP/256M
POWER  鎌力弐450W(流用)
CASE   Antec P182
HDD    WD5000AACS (500GB) * 2
DRIVE   LF-MB121JD(流用)
OS      WindowsVista Ultimate32bit
SOUND  OnBoard
KEY    Happy Hacking Keyboard Lite 2 (流用)
MOUSE  Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000(99でVistaのおまけでもらった)

多少目ぼしい内容としては、どでかいCPUファンと最近人気のP182を使った組み上げ結果のあたりかと思われるので、少しだけまとめてみる。

リテールで標準付属してくるCPUファンとZALMAN CNPS9700の大きさと厚さを比較するとこんな感じ。ケースの中で異様な存在感を示すデカさです。



Dsc00618

Dsc00619

Dsc00623

P182の特徴として、HDDのマウントの仕方が挙げられる。HDDの背面からネジ止めして、3.5インチマウンタに接続する。ネジとの間にはデフォルトで緩衝材が挟まる形になり、HDDの振動吸収に効果を発揮する。標準付属の12cmケースファンTriCoolもなかなか優秀で、設定をLoに切り替えておけば、気にならないレベルの音だった。


Dsc00624

Dsc00625

Dsc00626


また、P182はM/Bへの配線を裏からコードを這わせる形で接続することができるので、非常にすっきりとした見かけになる。なんだかすごく上手に組み上げることのできた気にさせてくれるケースだった。ただし、遠回りをする分、かなりの確率でATX12VコネクタケーブルがMBまで届かない。P182を買う人は延長ケーブルをあらかじめセットで買っておいたほうが良い。いまどきのM/Bはこの12Vケーブルが接続されていないと起動すらしてくれないので、届かなかった場合のダメージはでかい。

Dsc00627





最後に、OCの安定性チェックのための負荷テスト後のスクリーンショットを。CoreTmp0.96はE8xxx系だと温度表示が20℃くらい高く表示されてしまう(らしい)。M/B付属のEasyTunes5によると高負荷時でも40℃程度で収まっている模様だ。あとは夏まで様子見かな。

40ghz


|

« 45nm Core 2 Duo深夜販売に並んでしまった | Main | Blu-ray vs HD-DVD戦争の終わりとネット配信本命説の是非 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288/17933018

Listed below are links to weblogs that reference 空冷4Ghz常用(E8400)マシンを組み立てた:

« 45nm Core 2 Duo深夜販売に並んでしまった | Main | Blu-ray vs HD-DVD戦争の終わりとネット配信本命説の是非 »