« 無線11nEthernetコンバーターでDLNA環境を改善してみる(2) | Main | 45nm Core 2 Duo深夜販売に並んでしまった »

2007.12.28

リアプロが売れなかったわけ

ソニー、リアプロテレビ撤退へ

ついにXデーが来てしまいました。KDS-50A2500ユーザーとしては悲しい限りです。購入したユーザーの満足度は極めて高いのに、マーケット的には縮小の一途だったようです。せっかくなので、今後の教訓(?)のためにリアプロ市場が最後まで確立できなかった理由を個人的に分析してみたいと思います。

1.視野角(上下)の狭さ
2.ランプ交換のランニングコスト
3.薄型TVとは胸を張って言えない奥行き
4.電源投入後、明るさが全開になるまで時間がかかる
5.店頭での展示方法

TVは寝転がったり布団の中から見るという人たちからすると、下から見上げたときの視野角の狭さは致命的です。そして、約2年に一度発生するランプの交換コストも馬鹿になりません。バックライトが交換不可能な液晶とは異なり、明るさをリフレッシュできる利点だと、みなすこともできますが、やはりコストパフォーマンスが悪いです。また、日本の住宅事情からすると、50/60インチというラインナップはやっぱりオーバースペックでしょう。そもそも置き場所がない。

そして、なにより上記のデメリットをすべて許容できる人たちを尽く撃ち落すのが、店頭での見栄えの悪さでしょう。

大手家電量販店やソニーの銀座ビルですらそうだったりするのですが、照明が家庭環境に比べて圧倒的に明るい場所で、外部照明に反射してより明るく見える液晶TVと並べてリアプロが展示されると、とんでもなく貧相な画質に見えてしまうのです。家庭の200~300ルクス程度の環境であれば、眩しすぎるくらいの明るさなのですが、店頭では悲しいくらいの暗さとなります。

こういった弱点を補うLIFI光源を使ったリアプロなども検討はされていたようなのですが、これは松下さんですね...。

ハイフレームレート&LEDバックライト&超薄型SXRDリアプロを夢見ていた一個人としては、5年後くらいにぜひとも有機ELの大画面化&低価格化を図ってほしいものです。リアプロ特有の自然な階調表現とシルキーな質感は、一度味わってしまうと離れられません。当面は買い置きした交換ランプで凌ぎます。・゚・(ノД`)ウワーン

|

« 無線11nEthernetコンバーターでDLNA環境を改善してみる(2) | Main | 45nm Core 2 Duo深夜販売に並んでしまった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288/17499211

Listed below are links to weblogs that reference リアプロが売れなかったわけ:

« 無線11nEthernetコンバーターでDLNA環境を改善してみる(2) | Main | 45nm Core 2 Duo深夜販売に並んでしまった »