« 無線11nEthernetコンバーターでDLNA環境を改善してみる(1) | Main | リアプロが売れなかったわけ »

2007.12.26

無線11nEthernetコンバーターでDLNA環境を改善してみる(2)

Dsc00058

WZR2-G300N/EVが届いたので早速セットアップをしてみた。

親機(WZR2-G300N)は、WAN側=DHCP設定、LAN側=192.168.11.1がデフォルト設定になっている。とりあえずPCのIP設定を192.168.11.XXにそろえて、ブラウザで設定画面に入り、LAN側の所望のIPにして、WAN側を固定IP設定に切り替えたところ、すぐに外部ネットへの接続を確認できた。親機/子機の倍速設定はデフォルトで40Mhzになっており、変更は不要だった。

Dsc00059

次に、子機(WLI-TX4-AG300N)をリビングに配置して、PS3と有線で接続した。電源を入れてAOSSボタンを押すだけで子機のSecurityランプが点灯し、あっさりPS3からの接続確認ができた。MZK-W04N*2でWDSを組んだときの苦労に比べると、かかった時間と手間は雲泥の差だ。

さて、肝心の速度だが、結論から言うとすばらしいの一言。HDストリーム(MPEG2 15Mbps~20Mbps)の滑らかな再生を確認することができた。またDLNAのフォルダをPS3のXMBからブラウズするときの体感速度も明らかに前より速くなっている。PS3を何度か再起動して接続を確認したが、いまのところ接続が切れてしまう現象にも遭遇していない。

参考までに、親機と子機の配置は約20m離れており、間に壁は2枚存在している環境である。試しに子機側にノートPCを繋いで速度を計測してみたところ、安定して50Mbps~60Mbps程度の速度が出ていた。周りには無線LANのアクセスポイントが7本も乱立している、比較的劣悪な電波環境なのだが、それでもこれだけの速度が出てくれるとは、十二分に満足のいく数値だ。

また、公式サイトや外箱の写真では、親機が横置きの状態の写真しか載っていないが、縦置き用のスタンドが付属しており、写真のような形の設置も可能であることも付け加えておきたい。
Photo
WZR2-G300N/EVは、PCから離れたTVサイドのネットワーク機器を繋ぐときの有力な選択肢として高い評価ができる会心の製品だ。価格.comではWZR2-G300Nの評判があまり良くないが、WLI-TX4-AG300Nとの組み合わせにおいては安定しているように見受けられる。せっかく高速化されたIEEE802.11n規格も、11n非対応のデジタル家電やゲーム機がその恩恵を受けるには至っていない状況であった。しかし、11n対応の無線Ethernetコンバーターの登場により、一気にリビングのネットワーク環境が改善される可能性が開けたと言えるだろう。


|

« 無線11nEthernetコンバーターでDLNA環境を改善してみる(1) | Main | リアプロが売れなかったわけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288/17484380

Listed below are links to weblogs that reference 無線11nEthernetコンバーターでDLNA環境を改善してみる(2):

« 無線11nEthernetコンバーターでDLNA環境を改善してみる(1) | Main | リアプロが売れなかったわけ »