« 無線LAN IEEE802.11nでHDストリームDLNA配信 | Main | WindowsHomeServerは無消費に抵抗している »

2007.08.27

Advanced/W-ZERO3[es]を買わない理由

Black01


Advanced/W-ZERO3[es]に新色「ブラウニーブラック」──9月5日発売

Advanced/W-ZERO3[es]を買わなかった理由は、Bluetoothがつかなかったからでも、Willcom版割賦販売方式が気に入らなかったからでも、ましてや色がシルバーしかなかったからでもありません。

理由はただひとつ、スタイラスペンが本体に収納できないからです。

たかだか3インチのディスプレイにVGA超のピクセルデータを表示するわけです。そしてもちろんReal VGA化(Real WVGA化)をして使います。もう指なんかでは絶対に操作できない領域に突入するわけで、スタイラスペンなしというのはありえない世界なのです。

それをたかだか数ミリ薄くするためだけに、スタイラスペンは本体収納不可、キーホルダーとして運んでくださいってのは、まさに暴挙としか言えない訳であります。モバイル機器に棒をぶらさげるなんてありえない....。あとは、WVGAってのが中途半端、通信速度がW-ZERO3[es]と変わらない(CPUの速度は向上しているが、操作感もesと大差なかった)、Xcrawlが使いにくそう、数字キー撤去もありえない、といった付随的なネガティブ要素が挙げられます。

そんなわけで、W-ZERO3[es]のSIMカードをW-OAM対応RX-420ALに機種変更するだけでこの夏は終わりました。128kbps→204kbpsにアップしただけですが、体感速度に明らかに差がでたので十分満足でした。

本体の変更予定ですが、Advancedとか、esとかゴテゴテつけずに、素直に"W-ZERO4"と銘打って、以下の仕様を備えてくれたら、絶対買います。

・液晶はSVGA(800×600)で4インチ超え
・画面の大きさを確保するために数字キーはGUIでもok
 -スライド式キーボードは便利なのでそのままで
W-OAM TypeG x8パケット通信対応で800kbpsに高速化
・もちろんスタイラスペンは本体内蔵

シャープさん、ぜひよろしくおねがいします m(_ _)m

|

« 無線LAN IEEE802.11nでHDストリームDLNA配信 | Main | WindowsHomeServerは無消費に抵抗している »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288/16259687

Listed below are links to weblogs that reference Advanced/W-ZERO3[es]を買わない理由:

« 無線LAN IEEE802.11nでHDストリームDLNA配信 | Main | WindowsHomeServerは無消費に抵抗している »