« Blu-ray vs HD-DVD戦争は収束フェーズへ | Main | 無線LAN IEEE802.11nでHDストリームDLNA配信 »

2007.08.22

パラマウント 18ヶ月間限定でHD-DVDのみリリースへ

市場はBD優位という明確な答えを出している中、東芝はMoneyにものを言わせて
パラマウント、ドリームワークスに期間限定でHD-DVD独占供給の契約を交わしたようです。


パラマウントのHD DVD陣営入りで変わる次世代光ディスクの勢力図

パラマウント、ドリームワークスに1億5千万ドルということですから、日本円換算(115円/ドル)で
約170億円を東芝はスタジオに支払うことになります。

いわゆるヒット作と言われる映画タイトル一本の売り上げは、大体1億ドル、大ヒット作で
2億ドルが目安とされるので、純粋にキャッシュで1億5千万ドルというのは、スタジオにとっては
魅力的な金額と言えるでしょう。

しかし、NYTimesの記事によるとこれは18ヶ月限定の契約であり、
ドリームワークスについてはスティーブン・スピルバーグのタイトルは対象外と報じられています。
#MSの中の人が、うちは金払ってないよ、と主張しているのが面白い ^^;

ただし、スピルバーグが製作総指揮をとっている「トランスフォーマー」は例外的に独占タイトルの対象となるようで、監督、
マイケル・ベイがBD供給停止に怒ったり、翌日に訂正したりと一騒ぎがありました。

売り上げが1億ドルを超えたヒット作「シュレック3」「トランスフォーマー」がHD-DVD独占供給になるのは、
BD陣営への大きなダメージと言えるのは確かでしょう。

2006年度で営業利益約2500億を稼いでいる東芝からすれば、170億程度はたいした金額ではないのかもしれませんが、
完全に事業として成立していないHD-DVDに他事業で得た利益を投入して不当な競争をするのは、
独占禁止法にはひっかからないのでしょうかねぇ。


|

« Blu-ray vs HD-DVD戦争は収束フェーズへ | Main | 無線LAN IEEE802.11nでHDストリームDLNA配信 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288/16205508

Listed below are links to weblogs that reference パラマウント 18ヶ月間限定でHD-DVDのみリリースへ:

« Blu-ray vs HD-DVD戦争は収束フェーズへ | Main | 無線LAN IEEE802.11nでHDストリームDLNA配信 »