« PS3にフィットするDLNAサーバーを考える | Main | パラマウント 18ヶ月間限定でHD-DVDのみリリースへ »

2007.06.19

Blu-ray vs HD-DVD戦争は収束フェーズへ

Blu-ray vs HD-DVD戦争がいよいよ収束フェーズに入ってきた。

北米のレンタルストア大手 BlockBusterが、店頭レンタルでBlu-rayのみを取り扱うことを正式決定した模様。
Blockbuster to Expand Blu-Ray to 1,700 Stores

次世代DVD、米レンタル最大手が「ブルーレイ」支持

ブロックバスターは昨年から250店舗で試験的に両規格のレンタルを始めたところ、ブルーレイのこ貸し出し件数が全体の70%以上を占めたという。このため、来月から全米の店舗で本格展開するにあたって、ブルーレイだけを扱うことにした。

この貸し出し件数の数字は、そのまま販売枚数の比率とも大体合致しており、市場での動向は安定して7:3の割合に落ち着きつつあるようだ。

2007年に入って、劣勢が明確になりつつあったHD-DVDプレイヤーは、北米では凄まじい叩き売りを敢行している。期間限定とは言え、本体$299に加えて、Disc5枚をおまけにつけていた。その結果、Playerの売り上げ比率だけは60%に達していたようだ。しかし、前述のとおりこれはDiscの売り上げ状況に逆行した一時的な現象に過ぎない。

さらに、先日発表されたHD-DVDレコーダーRD-A600/A300は、片岡氏が率いていたにも関わらず、重要なスペックがいくつも抜け落ちていた。以下に列挙してみる。


1.AVCトランスコード
HD-DVDの容量が小さいことは、AVCCodecの進化によって補えるというロジックだったはず。年末に出されることが予想されるBD陣営のレコーダーは、まず対応してくるだろう。MPEG2-PSをベースにするHD-DVDフォーマットは、確かにDVD系の論理フォーマットと相性が良いので、AVCトランスコード&DVDオーサリング機能をつければかなり強力な売りになっただろう。メディア価格に関してもそうだが、こうした戦略の大前提が揺らいでいることからして、いよいよ収束フェーズだと言えよう。

2.HD-DVD RW非対応
PCドライブのサンプル出荷は7月から行うようだが、夏のボーナス商戦に間に合わせるために対応を見送ったのだろう。


3.あまりに少ないHDD容量
最上位モデルで600GBはあまりに少ない。前モデルのRD-A1の1TBより少なくしてどうするのだろう...。せっかくREGZAはNASに録画できるようにしているのに、なぜVARDIAでは実施できないだろう?!容量論争をそもそも発生させない強力な機能なのに非常にもったいない。やはりテレビとビデオはどこでも仲が悪いのだろうか?!

同時動作の制限緩和や定評あるネット系機能を載せてきたことは一定の評価に値するが、やはりRD-A1と同じようにスケジュールを優先して、中途半端なものを出してきた感が否めない。

年末にかけて、BD陣営のスタジオから興行成績1億ドル超のビックタイトルが連発されていくうちに、勝負は収束フェーズに入っていくだろう。


|

« PS3にフィットするDLNAサーバーを考える | Main | パラマウント 18ヶ月間限定でHD-DVDのみリリースへ »

Comments

I have learn a few just right stuff here. Definitely price bookmarking for revisiting. I surprise how so much effort you place to make this type of excellent informative website.

Posted by: Download Music For Free Without Signing Up | 2015.04.04 at 12:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288/15485671

Listed below are links to weblogs that reference Blu-ray vs HD-DVD戦争は収束フェーズへ:

« PS3にフィットするDLNAサーバーを考える | Main | パラマウント 18ヶ月間限定でHD-DVDのみリリースへ »