« CEとPCの交わるトコロ(2) | Main | このつまらない仕事を辞めたら、僕の人生は変わるのだろうか? »

2004.08.16

結婚しました

2004年8月12日、品川区役所で婚姻届を提出して、無事受理されました。
晩婚化と非婚化が進む中、わざわざ経済的に非効率な"結婚"をする決意に至ったのは、聖書の中の次の一句にありました。

日の下で神があなたにお与えになったあなたのむなしい命の日の限り,そのむなしい日の限り,自分の愛する妻と共に命を見よ。それが,命と,あなたが日の下で骨折って働いているその骨折りとにおける,あなたの分だからである。 あなたの手のなし得るすべてのことを力の限りを尽くして行なえ。シェオル,すなわちあなたの行こうとしている場所には,業も企ても知識も知恵もないからである。  伝道の書 9:9,10


当たり前のことですが人間には寿命があります。遅かれ早かれすべての人に必ず死が訪れるのです。人間社会がいかに死から目を背けてきたかについては、養老 孟司さんが「死の壁」の中で興味深い指摘をなさっていますが、この聖句を書いた古代イスラエルの賢王ソロモンは、死の現実を直視して人生とはむなしい命の日である、と率直に述べています。そのむなしい営みの中で価値のあるものは、愛する妻と共に生きることと、そのために骨折って一生懸命働くことであると述べているのです。

どんなに偉大な功績をあげても、どんなに凄いお金持ちになっても、どんなに高い地位に上り詰めたとしても、最後には必ず業も企ても知識も知恵もない、墓(=シェオル)に行くことになります。ならば、限りある人生の中で本当に愛し合えて、信じあえる人との暮らしを営んでいくために、日々全力を尽くして働くことに勝る幸せはないのかな、と思ったわけです。

既婚の諸先輩方、結婚に至った動機は何ですか?


|

« CEとPCの交わるトコロ(2) | Main | このつまらない仕事を辞めたら、僕の人生は変わるのだろうか? »

Comments

おめでとうございます!

動機を突き詰めるとエロスとかストルゲーとかフィリアとかアガペーとか色々あるんでしょうけど、「なんとなく、安心だから」とかそんなんでいいんじゃないですかね。

いつまでもお幸せに。^^

Posted by: kenn | 2004.08.23 at 04:40 PM

コメントありがとうございます。

>エロスとかストルゲーとかフィリアとかアガペー
聖書に載せられている4種類の愛ですね。ほんと、kennさんは博学ですね。
確かに小難しく愛の定義を考えるより、自分が「なんとなく」感じるものを大切にすべきかもしれませんね。


Posted by: ねおん | 2004.08.26 at 08:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288/1203717

Listed below are links to weblogs that reference 結婚しました:

« CEとPCの交わるトコロ(2) | Main | このつまらない仕事を辞めたら、僕の人生は変わるのだろうか? »