« 国内電機メーカーはWintelになる夢を見られるか | Main | 季節にあわせて模様替え »

2004.05.25

ホームサーバーの存在意義を考える

ホームネットワーク構想が謳われ始めてから、ずいぶんと年月が経った。
ここ数年に至っては、家電メーカーのみならず、IT企業のIntelやMSもデジタルホームネットワーキングを語るようになった。

そのホームネットワーク構想で必ずと言っていいほど登場するのがホームサーバーだ。その定義は、外部のネットワークと家の中のネットワークの橋渡しをするゲートウェイの役割を果たし、家の中のデジタル機器を統括する親玉として家庭に必ず一台は用意されるべき機器、といったところだろうか。

実際、電機メーカーからホームサーバーに類される商品は出揃いつつある。先に述べたホームサーバーの要件をそのまま機能として実現しているシャープのガリレオ、DVD搭載HDDレコーダーとみせかけてPCとの連携をかなり重視しているNECのAX300、チャンネルサーバーという微妙な表現ながら、実は初のUPnP対応CE機器であったSonyのCoCoon、家庭内のPC同士の連携を重視した富士通のFMFNS-201、売れ筋のDVDレコーダーの中で最もPCとの親和性の高い東芝のRDシリーズも挙げてよいだろう。

しかし、ホームサーバーの定義にもっとも近いシャープのガリレオが一家に一台の勢いで売れてはいないし、VHSの代わりにDVDレコーダーとして購入されるケースを除けば、他の商品もはっきり言って全然売れていない状態である。一部の家電メーカーはコンテンツ供給サイドを意識して、意図的にPCを排除したホームネットワーク構想を描くこともある。その際たる存在がPSXだったのだが、現状は周知の通りだ。では、PC系なら売れているのかというとそうでもない。MS版ホームサーバーといえるMediaCenterPCが、通常のPC売上ランキングの常連になったりはしていないからである。

こういった現状を考えると、ホームサーバーの存在意義について根底から考え直さないといけない時期に来ているように思われる。全世界で年間1億台以上売れている、最も普及した汎用デジタル機器であるPCを無視して、ホームネットワークなど成立するはずもないし、だからと言ってPCに専用GUIを被せただけで満足できるような存在でもないことは明らかだ。先に挙げたPCの売上台数はコンシューマー向けだけでなく、企業向けの数も含まれているが、職場でも家庭でもマウスとキーボードの操作に十分に慣れて、Officeくらいのソフトであればらくらく操作できる人々が増えていることだけは確かだ。

ではここで、xDSLやFTTHなどのブロードバンド回線が導入済であり、一台以上PCを保持している家庭をターゲットとして、ホームサーバーというものが仮に必要だとすれば、どういった要素が求められるか考えてみたい。Blu-rayやHD-DVDを搭載してデジタル放送対応をするという、DVDレコーダーの延長線上に乗っかる機能は、あえてここでは除く。少し別の角度から個人的に考えた案を一つ挙げてみたい。

それは信頼性の高いストレージ機能だ。HDDを複数台搭載して、指定したデータのバックアップを定期的に取ってくれて、家庭内に信頼できるデータ保存領域を提供するパーソナルユースのストレージである。これはイノベーションの解で言う「無消費」に相当するイノベーションに相当すると思われる。

だがもう一つの無消費は、用事を片付けたいが、市販製品が高すぎたり、複雑すぎたりするため、自力で出来ずにいるときに発生する。そのため、彼らは不便で高くつく方法、または満足いかない方法でそれを片付けることに甘んじるしかない。このタイプの無消費が、成長機会をもたらすのだ。新市場型破壊は、金やスキルを持たなかった大勢の人が、製品を購入し、利用することで、自力で用事をこなせるようにするイノベーションである。これから先、「無消費者」と「無消費」という用語を、この種の状況を指すものとして用いる。つまり、用事を片付ける必要があるが、望ましい解決策がこれまで手の届かなかったところにあった状態だ。このような新市場を標的とするイノベーターを、「無消費と対抗している」ということもある。

一台だけのPCで全くバックアップを取らない状態で日々運用しており、万が一HDDがクラッシュしたら目のあてられないような惨状に陥る人は、かなり多いはずだ。自分でLinuxサーバーを立ち上げてSambaを入れちゃうパワーユーザーを除いて、ライトユーザーは基本的に一台のHDDに頼って大事なデジタルコンテンツを溜め込んでいるはずだ。しかし、このコンテンツが失われるリスクは確実に存在しており、多少なりともそれを意識してはいるものの、実際にバックアップという用事を片付けようとすると、途端に複雑で不便で高くつくのが現状である。ちょうど江島さんのBlogにもバックアップを薦めるエントリがあったが、大量のコンテンツを抱えたパワーユーザーこそデイリーバックアップの需要が大きいかもしれない。

今後、コンシューマーの保持するデジタルコンテンツ量は増加の一途を辿るだろうし、何より信頼できるストレージ機能によって、一家に一台という大義名分が十分に果たされそうな気もする。家庭内の複数のデジタル機器を直に統治はしないものの、まずは家庭内のすべてのデジタルコンテンツを集約し、管理する役割を果たすとき、無消費状態にあるホームサーバーにも存在意義が出てくるのではないだろうか。

複数のHDDを搭載して、NetBIOS,AppleTalk,NFS,FTP,Webdavなど出来る限り多くのファイル共有プロトコルに対応して、業務サーバー並とまではいかなくても、きちんとバックアップを取ることによって、個人用途では十分な信頼性を実現するストレージを提供するホームサーバーが登場したら・・・皆さん買われますか?

|

« 国内電機メーカーはWintelになる夢を見られるか | Main | 季節にあわせて模様替え »

Comments

PC周辺機器としてですが、バックアップを勝手に取ってくれるようなものはあったらいいかもれしれないですね。パソコンの電源を入れてなくても毎日バックアップ取ってくれるようなやつ。ホームサーバとしてはどうなのか私にはわかりませんが…。

Posted by: 惑星 | 2004.05.27 12:05 AM

問題は、痛い目にあった人しか価値がわからないということでしょうねぇ。。。バックアップの必要性は誰しもが説いているにもかかわらず、コスト(手間、お金)で折り合っていない。そもそもバックアップへの投資は保険料みたいなもんですから製品機能のメインではなくてオマケとして考えた方がいいのかも。

Posted by: kenn | 2004.05.27 09:14 AM

あれからさらに色々と考えていたのですが、
確かにバックアップはメインに持ってくるような機能ではないですね。
もう少し別の角度から攻めてみます。

Posted by: Neons | 2004.06.01 11:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホームサーバーの存在意義を考える:

» ホームサーバーを売りたければ・・・ [たりーず・ふぁいる]
ホームサーバーの存在意義を考えるNeonsWiredSymphony 今後、コンシューマーの保持するデジタルコンテンツ量は増加の一途を辿るだろうし、何より信頼で... [Read More]

Tracked on 2004.05.26 12:09 AM

» VAIO TypeXは買いなのか!? [inox-24 project by sony電気fan]
VAIO type Xはマルチチューナーに対応したホームサーバーだ。 その性能や [Read More]

Tracked on 2004.11.10 01:31 PM

« 国内電機メーカーはWintelになる夢を見られるか | Main | 季節にあわせて模様替え »