« イノセンスを観て | Main | これから10年間のソフトウェア産業の行方 »

2004.03.18

白い巨塔2004-最終回

白い巨塔の最終回の放映が終わりました。
原作を読んでいないのであくまで1978年版との比較なのですが、あまりのストーリーの違いにびびりながら鑑賞しておりました。気になった点を挙げてみます。

・財前が里見に依頼してCTスキャンをしてまで病状を確認した
 1978年版では最後までガン告知がなされませんでしたし、里見医師も告知しない方針に従っていました。ただし、財前は黄疸がでたことで自分の死を予期してはいたようです。

・柳原が財前の担当医師をしていた
 どう考えても不自然すぎませんか??!!!2004年版で柳原医師は責任を押し付けられそうになって突発的に傍聴席で騒いだだけでしたけれども、それでも大学病院に留まれるわけがないですよね。(1978年版では柳原は対質尋問にまで応じて裁判の場で証言しました)。しかも担当医まで押し付けられてやるだなんて!頑なに見舞いをすることすら拒んで自らの過ちを悔いた柳原のほうに魅力を感じたのです。

・財前が最後まで改心しなかった
 これは一番ショックでした。1978年版では手紙の中で自分のやり方が間違っていたことを切々と語っていたのですが、2004年版では手紙の前半部分のみの朗読で打ち切り(>_<) 「ガン専門医として恥だ!」→「完」だなんて、財前はただの頑固者ってことで終わってしまったような・・・・。

そんなわけで個人的に不満で一杯の2004年版白い巨塔の最終回だったのでした。
で、来週の特別版はなにやるんでしょうねぇ(←文句を言いつつ観る奴)


|

« イノセンスを観て | Main | これから10年間のソフトウェア産業の行方 »

Comments

蘊蓄なんですが、日本で最初にCTが入ったのは1975年、30年近くを経て画像診断が長足の進歩を遂げました、と。いやそんだけなんですが(^^;

Posted by: 惑星 | 2004.04.30 at 01:38 AM

1978年版の時代にはまだCTスキャンが珍しかったのですね!なるほど~

Posted by: Neons | 2004.05.11 at 11:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288/320553

Listed below are links to weblogs that reference 白い巨塔2004-最終回:

« イノセンスを観て | Main | これから10年間のソフトウェア産業の行方 »